VScodeでSVNを使う(Windows)

VScode のソース管理に SVN リポジトリを表示する

VScode のソース管理のデフォルトは git リポジトリを使うような UI になっているのですが、プラグインを導入することで、(検索してもあまりヒットしないですが)ソース管理に svn リポジトリを表示することができます。

まずは VSCode プラグインをインストール

下記 VSCode のプラグインをインストールします。
https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=johnstoncode.svn-scm

SVN のコマンドラインツールを Windows にインストール

TortoiseSVN のインストールと一緒に、コマンドラインツールをインストールします。
すでにインストール済みの場合は、アンインストールして再インストールしてください。
SVN のコマンドライン単体をインストールしてもいいですが、TortoiseSVN と一緒にインストールするのが楽と思います。

以下から TortoiseSVN のインストールすることができます。
https://tortoisesvn.net/downloads.html

インストールする際、下記のように「command line〜」の「Will be installed〜」にチェックを入れて、インストール時にコマンドラインツールもインストールするようにしてください。

setting.json にコマンドラインツールのパスを記載

setting.json に下記のように、svn.path に、コマンドラインツールのパスを指定します。

記載したら、VSCode を再起動してください。

SVN リポジトリのあるディレクトリを開く

.svn が直下にあるフォルダを開いてみてください。

ソース管理に SVN のリポジトリが表示され、変更履歴のボタンが増え、変更履歴や、差分、リポジトリでの更新が表示されるようになります。

以上

あまり Windows で SVN のコマンドラインツールを入れることはないと思うので、引っかかるかもしれませんが、VSCode で操作できると便利ですので、ぜひ設定してみてください。